メニュー 閉じる

憧れのデザイナーに転職する方法とは!

「Webデザイナーってどんな仕事?」

このように聞かれて、みなさんは説明できるでしょうか?慣れ親しんだ言葉でも、いざ説明しようとすると難しいですよね。

しかし説明こそできなくても、「実はちょっとデザイナーに興味がある」「デザイナーに転職しようか迷ってる」などと考えている人は少なくありません。

そこで今回の記事では、「デザイナーの魅力」や「デザイナーに向いている人の特徴」、「未経験の人がデザイナーになるまでの流れ」などをご紹介していきたいと思います。

一見専門性が強そうなデザイナーですが、未経験の人でも目指すことは可能です。今回の記事では未経験の方でも分かるように、デザイナーへなるための流れを簡潔かつ詳細にまとめました。

興味がちょっとでもある方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

転職したいけどなかなか難しいデザイナーの仕事の魅力とは?


それではまず初めに、デザイナーの魅力について見ていきましょう。みなさんがまだ知らない魅力が、まだたくさんあるということをぜひ知っていただければと思います。

年齢を重ねても衰えない

デザイナーとしてのセンスや能力というのは、年齢を重ねても衰えることはありません。本人の努力次第ではありますが、年を取っても続けられ流というのはとても魅力的ですよね。逆を言えば年齢が若くない人にでも、転職のチャンスがあるということです。ぜひ年齢を気にせずチャレンジしてみてください。

0から色々なものをデザインする創造性

営業や事務作業ではあまり必要とされない「創造性」ですが、デザイナーの仕事では「創造性」が重宝されます。むしろ「創造性」が自分の武器になるとも言えます。自分の個性が輝く仕事ほど、素敵なものはないと思いませんか?

 

デザイナーに転職したら年収はどのくらい?

デザイナーの年収についても気になるところだと思います。デザイナーの平均年収はおよそ380万円と言われていますが、デザイナーの収入は個人差があり、一概にいうことは難しいです。

「なんだ、そんなもんか…」と落胆する人もいるかもしれませんが、デザイナーとして成功していて年収800万という人もざらにいるので、夢を持っていいと思います。

また、デザイナーの種類によっても年収は異なります。年収を基準にデザイナーの種類を選ぶのもいいかもしれません。

 

デザイナーに転職するのはこんな人が向いている!


次に、デザイナーに向いている人とはどのような人なのか触れていきましょう。

まず、色彩能力と数学的な感性を持った人はデザイナーに向いていると言えます。デザインをする上で色彩能力、つまり色のバランス感覚がある人はデザインにも長けています。

また、「ビジネスセンス」や「マーケティングの知識」を持った人もデザイナーに向いています。デザインに関係あるの?と思うかもしれませんが、実は関係大ありなんです。

そもそもデザイナーというのは、ただ自分の好きなデザインを作れば良いというわけではありません。商用的な「売れる」デザインを作らなければいけないのです。だからこそビジネスセンスやマーケティングの知識は必須となります。

また、デザイナーはクライアントの要望を忠実に再現する能力が求められます。相手が何を、どんな形にしたいのかを汲み取れる人が向いていると言えるでしょう。

 

主なデザイナーの種類と仕事内容について


それでは次にデザイナーの種類をいくつか見ていきましょう。自分に合うものはどれか考えながら見てくださいね。

グラフィックデザイナー

 まず1つ目が「グラフィックデザイナー」です。グラフィックデザイナーといっても、広告や商品のパッケージなど、商品の宣伝として使われるデザインなので、かなり多岐にわたる仕事になります。仕事の幅も広いので、自分のやりたい仕事が見つかりやすいと思います。

WEBデザイナー

 次に2つ目が「WEBデザイナー」です。Webデザイナーとは言葉の通り、Webサイトのデザインを行います。デザインそのものを担当することもあれば、HTML/CSSのような言語を使ってコーディングする仕事もあります。デザインだけでなく、プログラミングが得意な方も向いている仕事です。

DTPデザイナー

 そして3つ目がDTPデザイナーです。他のものに比べてあまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと「本や雑誌のデザイナー」のことです。WEBデザイナーはウェブサイトのデザイナーだったのに対して、DTPデザイナーは「出版物」のデザイナーを指します。デザインのスキルや、PCソフトのスキルは必須となります。

 

未経験だけどデザイナーに転職したい!そんな人はココに注目!

どんなデザイナーになりたいのかじっくり考えよう

さて、ここまでデザイナーの種類や仕事内容に触れてきましたね。デザイナーに対して更に興味が湧いてきたところで、未経験者がデザイナーになるためにはどうしたらいいか考えてみましょう。
 まずはじめにやることは、自分がやりたいことや向いていることを考えます。すでにお話しした通り、デザイナーにはたくさんの種類があります。だからこそ、自分がどんなデザイナーになりたいのか深く考えることが大切になります。

ソフトの扱いをマスターする

自分のデザイナー像が固まってきたら、ソフトの扱いをマスターしましょう。やはりデザイナーとしてやっていくためには、ソフトスキルは必須になります。未経験者であれば尚更です。このとき同時にセンスを磨くように心がければ、デザイナーとしての独創性が身につくはずです。

自分がデザインした作品を売る

ある程度のスキルが身についてきたら、いよいよ自分のデザインを売るときです。売り方はたくさんありますが、中でもオススメなのは、クラウドソーシングサイトで売る方法です。初心者の方でも簡単に利用できるので、かなりオススメです。手数料がかかるのが嫌かもしれませんが、はじめは練習としてやってみるといいですよ。他にイラスト素材サイトに登録して、イラストを売るという方法もあります。自分に合ったやり方を見つけて、実践してみてくださいね。

 

デザイナーへの転職用ポートフォリオに大事な3つの要素とは?


さて、最後にご紹介するのは「ポートフォリオ」の大切さについてです。

ポートフォリオというのは、自分の作品のサンプルのことをいいます。例えば企業に自分のデザインを売りたいとき、「どんなデザインができるの?」と企業は思います。そのとき参考になるのがポートフォリオです。

 ポートフォリオはデザインスキルの証明にもなるので、ポートフォリオがあなたのデザイナーとしての命運を分けるといっても過言ではありません。

 そこで今回はポートフォリオの大事な3つの要素についてご紹介したいと思います。

自分の写真

まず1つ目が、「自分の写真」です。意外かもしれませんが、デザイナーも他の仕事同様に1つの仕事です。この人は信用できる人か、一緒に働ける人か、という判断材料になります。

プロフィール

2つ目がプロフィールです。どんなスキルがあるのか、どんなデザインが得意なのかを伝えるものになるので、具体的かつ分かりやすく書く必要があります。自分にどのような考えがあるか明確にしておきましょう。

作品の見せ方

 最後が「作品の見せ方」です。やはり企業によって求めるデザインは違います。その企業が求めるものに合わせた作品の見せ方ができるかが鍵となります。

 

まとめ

さて今回の記事では、「デザイナーの魅力」や「デザイナーに向いている人の特徴」、そして「未経験の人がデザイナーになるまでの流れ」などをご紹介してきました。

デザイナーがどんな仕事なのか、そして未経験者でも転職のチャンスは大いにあると言うことがわかっていただけたのではないでしょうか。

デザイナーといってもたくさんの種類と仕事内容があります、一番自分にあったデザイナーを目指し精進していただければと思います。

みなさんの転職活動を応援しています。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です