優良求人ツアー@parcsgabon

転職やバイトなどの優良な求人や情報を記事で更新。求人という大海を巡って旅をしてほしい。将来は稼いだお金でガボンに国立公園を開くのが夢

映像制作の仕事に転職する方法とは!未経験からの転職方法もご紹介


「映像制作会社に転職したい!」もしあなたがこのように行ったら周りの人は「やめておきなよ」「ちゃんと稼げるの?」と反対してくる人は少なくないと思います。

なぜ素直に賛成してくれないのかというと、多くの人は「映像制作業界のことを、あまり分かっていないから」「その業界の厳しさをよく理解しているから」「あなたが未経験者だから」といった理由が挙げられます。

もし周りに反対されて諦めそうになっている方がいたら、ぜひこの記事を読んでください。確かに映像制作業界は厳しい世界かもしれません。しかし「未経験者だから」という理由だけで諦めてしまうのは勿体無いと思いませんか?もしかしたら未経験者のあなたが、近い将来この業界で活躍している可能性だってあります。

今回の記事では「未経験だけど映像制作業界に転職したい」と考えている人に向けて、「映像制作の仕事内容」や「未経験者が映像制作の仕事に就く方法」、また「映像制作の魅力やメリット」などについてご紹介していきます。映像制作業界にはどんな仕事があるのか、そして未経験者が転職するには何をすればいいのか知ってください。諦めるかどうかはそこからです。
それでは早速、「映像制作の仕事内容」から見ていきましょう。

 

転職前に知っておこう!映像制作の仕事内容とは


映像制作と言っても、「テレビ局」や「広告代理店」、「映画制作会社」などジャンルは様々です。

ジャンルによっても仕事内容や制作プロセスは変わってきます。それぞれの特徴を見てみましょう。

 

テレビ局


まず1つ目がテレビ局です。テレビ局の仕事内容は主に、台本制作/撮影/編集に分かれます。テレビ局の特徴として、「マルチなスキルが問われる」と言ったことが挙げられます。例えば「撮影をやりたい!」「編集だけやりたい!」と思っている方も多いかもしれませんが、基本的にテレビ関係の仕事では撮影も編集もできる人の方が重宝されます。というのも、撮影や編集は外部の人に依頼するというよりはテレビ局の人間だけで全て行います。ですから一人の人間が複数の仕事を担当するということはザラにあります。「撮影も編集もやりたい」という人の方が向いているかもしれません。

広告代理店

2つ目が広告代理店です。CMや宣伝用の映像制作に携わりたい人にはうってつけのお仕事です。ただ映像を製作するだけでなく、マーケティングの観点から映像を製作するのは面白いと思います。様々な業界に携われるのもメリットの1つと言えます。

映画制作会社

そして3つ目が映画制作会社です。映像制作業界への転職を目指している人の中でも、この映画制作会社に憧れている人が特に多いのではないでしょうか。特にCGが好きな人など映像編集に興味がある人は、映画制作会社にこだわりを持っているかと思います。
高度な技術が学べるという意味でも、とにかく編集がしたいという人は映画制作会社を志望するのもありだと思います。

 

映像制作の年収はどのくらい?


どのような仕事に転職するにしても、その「年収」は気になるところです。

映像制作の平均年収は約300〜400万円程度です。もちろん高収入とは言えませんが、それなりの地位を築くことができればその倍以上の収入を望むことは可能です。

とはいっても大切なのは年収よりも仕事内容です。年収ばかり重視するのではなく、自分が一番やりたいと思うことをやるのが一番だと思います。

 

未経験から映像制作の仕事に転職するためには?

さて次にご紹介するのは、「未経験から映像制作の仕事に転職する方法」についてです。

転職したことない人や、未経験者の人にとってまず最初に何をすればいいか分からないということが多いと思います。映像制作への転職を考えているという人は、ぜひ参考にしてください。

 

未経験者が映像制作の仕事に転職するまでの流れ

まず流れを説明する前に大前提として、「自分は未経験者だから...」といった劣等感は転職活動の初めのうちに捨てておきましょう。そもそも経験者の人も、はじめはみなさんと同じ未経験者でした。大切なのは採用されてから努力できるかどうかなので、初めのうちは1から経験を積んでいくことだけに注力しましょう。

さて心構えができてきたところで、流れの説明に入りましょう。まず選択肢としては、アルバイト採用から正社員になる流れと、初めから正社員として採用される2つがあります。初めから正社員としてはいるのが理想ですが、万が一採用されなかったときにアルバイト採用枠で入るのも1つの手です。とはいえ現在の映像制作業界は圧倒的人手不足です。採用されないということはまずないと思いますが、何らかの理由で採用されない場合もあります。こういう選択肢もあるということを知っておきましょう。

そして採用が決まったらいよいよ現場入りです。初めのうちは雑務が基本になりますが、編集の仕事も担当することはあります。自分の編集スキルに自信がある人は、ここでアピールするチャンスです。また未経験の人でも、ここでスキルを磨くことが出来るので、積極的に仕事をもらうようにしましょう。

 

映像制作の魅力やメリットとは


最後にご紹介するのは、「映像制作の魅力やメリット」についてです。

長く仕事を続ける上で大切なのは、やはり「仕事のやりがい」です。映像制作業界は決して楽なことばかりではありませんが、それに負けない魅力があるということをご紹介していきたいと思います。

 

自分なりの表現ができる

撮影にしても編集にしても、完成した映像には「自分らしさ」が出てきます。

決められた業務をマニュアル通りにこなすのと違い、自分が好きなモノを作ることが出来るのは、とてもやりがいがある仕事だと思います。下積みを経て上のポジションにつけば、そのやりがいも次第に大きくなっていきます。ぜひ、心を強く持って最初の下積みを乗り越えてください。

 

リアクションが嬉しい

先ほどお話しした通り、映像制作は自分なりの表現をすることができます。

なので「この編集凄い良いよ!」「この撮影よく頑張ったね!」などどほめられる事も少なくありません。自分の制作したモノで褒められることほど嬉しいことはありませんよね。「ここ、もう少しこうした方が面白いかも!」という風に自分で試行錯誤して見るのも面白いですよ。

 

まとめ

さて今回の記事では、「未経験だけど映像制作業界に転職したい」と考えている人に向けて、「映像制作の仕事内容」や「未経験者が映像制作の仕事に就く方法」、また「映像制作の魅力やメリット」などについてご紹介してきました。

映像制作業界に限らずどんな仕事でも、未経験者というだけで転職を諦める必要はありません。ぜひ自分がやりたいことにチャレンジしてみてください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。